読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CleanUp

備忘録と豆の知識

日記 : Javaのオブジェクト指向解説本を買った

日記

 別にJavaをやってるわけではないのですが、オブジェクト指向について無知だったので学んでおこうと思い、たまたま見つけた本を買いました

 

 ↓これ

Javaのオブジェクト指向がゼッタイにわかる本[第2版]

Javaのオブジェクト指向がゼッタイにわかる本[第2版]

 

 

 書店で目に入ったのでペラペラ読んでたらよさげな冒頭の文章だったので即買いでした

 

 今はC++を勉強しているのですが、C++オブジェクト指向を採用した言語であることは周知のこと。また、他の多くの言語もオブジェクト指向を採用しているとのことで、いつかは対峙しなくちゃなあ……と思いつつずるずると勉強延期

 

 埒が明かない

 

 ということで、本を買いました。2300円でした。流石にお金使ってしまったのでちゃんと勉強しなければならないなんていう貧乏心を責め立てる感じの目論見です

 

 けどJava使ったことないよね?

 

 まあ、いつか触ることになるだろうし、本の進行上どうしても必要になったら勉強するみたいなスタイルでいいんじゃないだろうか。オブジェクト指向についての解説が主体の本のようなので、Javaとは銘打ちつつも他の言語でも通用するのではないだろうか。まだ数ページ開いたばっかりだけどそんな予感がする。予感だけね

 

 本の内容に関してなんですけど、これを赤裸々に全文書いちゃうのもあれなので、ざっと輪郭だけ紹介します

 まず、オブジェクト指向がいかにして必要にされ、登場したのかの歴史を簡単に説明してくれます。オブジェクト指向のメリット、デメリットも交えながら、まずは入り口となる文章からこの本は始まります

 次にJavaの開発環境を整え、オブジェクト指向についての解説に入っていきます。インストールした記憶ないけどEclipse導入済みだったので今からちゃんとJava勉強してもいいかなーなんて思った

 

 ここまで読みました

 

 考えてみたけど、結局作りたいのってGUIアプリケーションなので入り口としてはC++よりJavaのほうがいいんじゃなかろうかとか思い始めた。やっぱりまずJavaやろうかなあ……

 

 

 

三日坊主なので、とりあえず三日連続で曲を作った

日記

 ジャンル的にはチルアウトとかジャズヒップホップとかになると思う。まあともかく、飽き性なのでとりあえず三日間がんばってみた。そしたらいける気がしてきた

 それだけです

 

  

 

 いやあやっぱりピアノはいいですね。これといった知識は全然なくてなんとなく打ち込みしてるだけですけど

 

 書くネタないからって無理やり記事にした感満載

 いやあ、それにしたってピアノっていいよねえ……

 

 

トラパンツのインターンシップが楽しかった話

日記

 インターンシップが楽しかった話をします。

 一ヶ月行きました。

 詳しい業務内容には触れませんが、なにかの参考にどうぞ。

 

どこにいったの?

 秋田県秋田市にある株式会社トラパンツさんにインターンシップで一ヶ月ほど行きました。

www.torapants.co.jp

 将来は面白いIT系の会社で働きたいと常々思っていて、「秋田県内であればトラパンツが最前線ユニークカンパニーかなあ」といった具合に結構興味があったので、思い切ってインターンシップを申し込んでみました。

 インターンシップの申込みは全てWeb上で行うことができ、結構いきなりな日程で一ヶ月の長期申込みだったのですが、快く受け入れていただきました。

 インターンシップの目的は「企業で実際に仕事してみたい」といった感じです。

 

どんな会社なの?

 ホームページによるとWeb制作を主に行う会社です。 実際はかなり手広く展開していて、アプリや映像の制作や運転代行、スクール運営など様々なことをやっています。 秋田ではかなり先進的なことをやっています。

 実は一年前くらいからちょびちょびと交流はあって、「虎の穴」というWeb制作者向けのMeetupに何度か参加させていただきました。 学校の先輩とLTもしました。(声優役)

toranoana.connpass.com

 

なにをしたの?

 インターン申込みの際に「サイト作りができます」的なことを書いたので、Web制作をさせていただけました。

 初日は環境のセットアップを行いました。 Node.jsやSassなど、初めて触るものばかりでしたがニ日で慣れました。 今ではプライベートでもこればっかり使ってます。

 三日ほど経って、実際に業務に入りました。主にCSSでサイトのレイアウトの調整をしていました。 CSSは得意だと思っていたのですが、力不足な点などが見えてきていい経験になったと思います。 CSSは書いてて楽しいのでCSSが更に好きになったような気がします。

 途中、JavaScriptが目の前に立ちはだかりましたがCSSでなんとかしました。

 途中、PHPが目の前に立ちはだかりましたがCSSでなんとかしようとしました。(挫折して普通にPHP書きました)

 技術的にも色々なスキルが身につき、やはりこういったものは実際に現場で経験しないとなかなか上達しないものなのだな、と実感しました。 CSSが大好きでそのまま書いていてもあまり苦ではなかったので、Sassも必要に迫られなければ一生触ってなかったんだろうなあと考えると、やはり実際に業務に就くということはとても重要なことのように感じました。

 

社内の雰囲気

 とてもユニークでした。印象に残っているのは、巨大なサバ。壁に吊るされた巨大なサバはなんだか神々しささえ感じさせるほどのオーラを放ってそこに鎮座(神霊がそこにしずまりいること)していました。 ワークスペースのすぐ後ろにあったのでとても印象的でした。記念写真も撮らせていただきました。サバほしいなあ。

 購買のようなスペース(棚)もあり、原価で仕入れて原価で売るスタイルでカップ麺などを提供していました。 昼は山王大通りを眺めながら他の企業体験の学生や社員の方々と会話をしたりしながら白むすびとSOYJOYを食べました。 外食に行ったりもしました。

 

身についたスキル

 プライベートでは使わなかった技術に多く触れることができました。

 今まではHTMLもCSSも直でTeraPadに打ち込んでねさかくんサイトを作ったりしていたのですが、埃を被っていたSublimeTextをCドライブから掘り起こして常用するようになりました。

以下簡単にリストアップ。

 ・CSSの技術が更に向上しました。セレクタに関してかなり詳しくなったような気がします。気が向いたらCSSProgrammingとかやってみたい。

 ・HTMLのマークアップについて考えることが多くなりました。CSSセレクタを活用する上で、HTMLのマークアップが非常に重要なものであることに気が付きました。

 ・PHPとお友達になりました。ボク タチ トモダチ!

 ・Sassを使うようになりました。CSSとかもう直で書いてられない。

 ・Gulpを使うようになりました。コマンドラインってだけでも楽しいのに。

 ・Node.jsを使うようになりました。😊たのC😊

 

感想

 イメージ通り、とても楽しい会社でした。 皆さんとても優しく、早いうちに馴染めたような気がします。

 なかなかないスタイルの会社ですので、このまま突き進んでいってほしいです。わりと本気で秋田を変えてくれそうです。

 

twitter.com

 

Nice CSS

CSSでお絵かきの限界追及してみた | トラボ

 

 

 

CSSのみでスライドショーを作るときの備忘録

CSS 備忘録

 先に重要な点をまず一つ。

 「CSSでスライドショーを作る」なんてことはしないほうがいいです。素直にJavaScriptを使ったほうが健全です。複雑な構造になるとレンダリングがヤバくなってリンクが正常に反応しなくなったり(反応が遅れたり)するので、「JavaScript禁止」とか「JavaScriptをhead内に書き込めない状況」などの場合以外はCSSでスライドショーなんて作らないほうがいいです。
 わたし は つくりました


セレクタの注意点

 セレクタはとても便利ですが、「子要素から親要素にスタイルを適用することはできない」や「その要素より前の要素を指定する方法がない」などの制約があります。
 そのため、スタイルを適用したい要素はトリガーとなる要素の後ろ、もしくは子にしなければならないことを覚えておかないと単純な所でハマってしまいます。


:targetの注意点

 #slide:target の対象はどこでしょうか。

<a href="#slide"></a>

 ではなく、

<div id="slide"></div>

 にスタイルが適用されます。
 aタグをクリックし、#slideにターゲットされた時(URL末尾にハッシュが追加された時)に、#slideというidを持つ要素に対してスタイルが適用されます。
 aタグはスタイルを適用するトリガーとして使用されます。
 CSSのみでスライドショーを作るなら、大抵targetとなる要素を先に記述し、その後ろにナビゲーションを記述します。


pointer-events:none;を把握しておかないとつらい

 pointer-events:none;は複雑なCSSを書く場合にはとても重要なプロパティです。
 幸いにもCSSは「○○がターゲットされた時、○○と同じ階層で○○より後ろに記述されている△△の子要素の□□の◇◇が☆☆以外だった場合にマウスイベントを無効化する」みたいな複雑なことが書けるほどに成長しているので、pointer-events:none;を理解するとCSSの幅がとても広がります。
 (要約すると
  #slide:target ~ #slideBody a:not([href="#slide"]){
   pointer-events: none;
  }
 みたいなこと)

 pointer-eventsの値がnoneの場合、その要素と重なっている下の要素に対してマウスイベントが有効になります。(z-indexによる重なり順序の変更を必要としない)
 スライドショーの左右のアローを作る場合、表示されている画像毎にトリガーを切り替えなくてはならないのですが、これを使用するととても簡単に作ることができます。

備忘録 display:noneの代替

備忘録

display:none;は要素をまるごと消してくれる。具体的には高さや幅を維持せず本当に非表示にする。

visibility:hidden;は要素の高さや幅を維持したまま消してくれる。

 

visibility:hidden;

width:0;

height:0;

でdisplay:none;風のことができる。

 

visibility:hidden;の高さと幅を消すためにwidthとheightで0を指定している。

 

使い所

display:none;はtransitionの効果が反映されない。

であればvisibility:hidden;を使えばいいだろうと思ったのでやってみたら使えた。

aである要素をtargetしたときにdisplay:none;からdisplay:block;へとフェードをつけて切り替えたかった。しかしdisplay:none;からのアニメーション付き切り替えは不可能だとわかり、visibility:hidden;に乗り換えた。

visibility:visible;へ切り替える際、widthとheightの値をautoか任意の値にしてやる必要がある。

 

つまり

とりあえずこれでいく。

 

 

 

備忘録 Gulpを使ってローカルでWordPress動かす

備忘録

あらすじ

 オリジナルテーマを作ってくれって学校から頼まれたので、とりあえずテーマ制作に便利な環境を整えようと思った。
 とりあえずWordPressを起動してダッシュボードに到達するところまで。


1. 必要なもの

① gulp-connect-php
 (PHP動かすやつ。必要に応じてその他のプラグインも)

WordPress
 (多分最新版でいい)

SQLite Integration
 (WordPressSQLiteで動かせるようにするWordPressプラグイン)

PHP.exeとPHP.ini
 (XAMPPとかに付属してくるやつでいい。C:\xampp\php\ にある)
 

2. gulp-connect-phpのインストール

 プロジェクト用のフォルダを作り、そこにgulpとgulp-connect-phpをインストール

npm i --save-dev gulp gulp-connect-php


 とりあえず最小構成インストール。BrowserSyncとかgulp-sassとか必要に応じて。
 あとパス通してなかったらグローバルでgulpのインストールもしといてください。
 インストールが済んだらgulpfile.jsに書き込んでいきます。

gulp.task('connect-sync', function() {
  connect.server({
    base:'wordpress',
    bin: 'C:/xampp/php/php.exe',
    ini: 'C:/xampp/php/php.ini'
  }, function (){
    browserSync({
      proxy: 'localhost:8000'
    });
  });
});


 binとiniにはそれぞれphp.exeの場所とphp.iniの場所を指定してください。
 XAMPPインストールしてたら楽でいいよね。XAMPPの起動は必要ないです。

 connect-phpに関してはざっとこんな感じ。

 今始めて知ったんだけど、はてなのコード記述できるやつめっちゃ便利ね!!!

3. WordPressSQLite Integrationを準備する

 準備します。まずはダウンロードしてきてください。
 ・WordPress
 ・SQLite Integration
 
 先程作ったプロジェクトフォルダにWordPressを解凍します。

f:id:ntha:20170211143025p:plain

 次にSQLite IntegrationをWordPressのPluginsフォルダに解凍します。

f:id:ntha:20170211143033p:plain

 解凍が終わったら、SQLite Integrationのフォルダの中にあるdb.phpをwp-contentに移動させます。
 コピーではないので注意。

wp-configを編集する

 wordpress直下にあるwp-config-sampleを編集します。

 まずは秘密鍵を作ります。
 WordPress秘密鍵を作ってくれるサービスを提供しているので、以下にアクセスしてコピペ。
 https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/

 それをwp-config-sampleの55行目辺りにある

define('AUTH_KEY',         'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_KEY',  'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_KEY',    'put your unique phrase here');
define('NONCE_KEY',        'put your unique phrase here');
define('AUTH_SALT',        'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_SALT',   'put your unique phrase here');
define('NONCE_SALT',       'put your unique phrase here');

 と置き換えます。
 置換したら保存。

 最後にwp-config-sampleをwp-configとリネームしておきます。

Gulpを起動してWordPressをインストールする

 プロジェクトフォルダでgulpを起動するとWordPressの初期設定画面が表示され、サイト名などの記述を求められます。
 適当に決めて進めるとダッシュボードまで直通です。


 お疲れ様でした。

カルディーコーヒーのカナリオを飲んだ

コーヒー

 先日、ショッピング(とは名ばかりのイオンモール散歩)に赴いた際にコーヒーショップに寄りました。 カルディコーヒー、初めて寄りました。 たんぽぽコーヒーやら様々な品揃え。 女性客が多いイメージでした。

 

 ふと目を横にやると、わあ~コーヒー豆がいっぱぁい♡ これは買うしかないと思い、品種を吟味してみる。 なにやら普段目にしない豆が多々あるなか、目に止まったのはカナリオ。 イエローブルボン種という黄色いコーヒーチェリーの豆らしく、物珍しさでついつい買ってしまった。 200gで700円程度、なかなかいいお値段。

 

f:id:ntha:20170111102922j:plain

 

 そんな出来事があった数日前。 まだ飲んでなかった豆をおおかた処理したところで、今日はこのカナリオを飲んでみようと思った。

 

f:id:ntha:20170111102924j:plain

 

 色は明るかったり暗かったり。 いろいろ混ざってる感じ。 写真の色が悪いので伝わりにくいかも、申しわけない。

 5粒ほどそのまま食べてみる。 他の豆とは違う味がした。 苦みはあまりなく、酸味もそれほど強くない感じだったので、新米コーヒー豆イーターにオススメできる感じの味がした。 おつまみ感覚でポリポリイケる気もするけれど、シュワーっとした感じが物足りない気もする。

 カルディコーヒーのサイトで確認してみると、酸味寄りの味らしい。

 

f:id:ntha:20170111102925j:plain

 

 挽いた。 ゴリゴリと挽いた途端に強い香りが溢れ出て、「これはやばいw」といった感じだった。 そのまま勢いで10杯分くらい挽いてしまった。 「まあ10杯飲めば問題ないよね」ってことで今日は10杯飲むことにした。 浅煎り寄りっぽいのでカフェインがそこそこありそうだけど死にはしないでしょ。

 

f:id:ntha:20170111102927j:plain

 

 ハンドドリップって楽しいですよね。 泡が出てくるのと、周りが盛り上がるのがたまらん。 まだまだ試行錯誤中ですけど、うまくお湯を注げたとき「よっしゃー!」ってなりませんか?

 

f:id:ntha:20170111102929j:plain

 

 と思ったらなんか薄めになってしまった。 紅茶っぽい感じに。 作りたかったのはこういうのじゃないんだ...! 薄いのもなんだかんだ好きだから飲んじゃうけど!!!

 

 このあと10杯作るからいいんですけどね。

 

f:id:ntha:20170111102931j:plain

 

 できた。

 

 味は苦みがほんのり。 酸味もあまり主張せず、口当たりがよい。 スッキリとしていて軽く飲めるいいコーヒーだなと思った。 かなり好きな味。

 特徴的な独特の風味があった。 たぶんコーヒーをあまり飲まないひとが口にしても分かるのではないだろうか。

 

 

 総評:うまい