読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CleanUp

備忘録と豆の知識

ゲーム制作をしました。学んだことや感想をまとめてみた

おはようございます。 先日、ゲーム制作をしました

なにげに初めてのチームでの制作活動で、いろいろと苦戦したこともあるので、次の改善点としてここにまとめておきたいと思います

 

●作業工程がはっきりとしていなかった

これが一番大きかったような気がします

私が主な部分の担当だったので、ここをしっかりと明確にしていれば各メンバーもスムーズに自分の作業を担当することができたと思います

この部分をできていなかったがために、結果的には完成度70%というところで締め切り日に突入、徹夜で先輩の助力も得ながらなんとか完成にこぎつけました

...が、なんだか先輩に助けてもらってばかりで、申しわけのなさがとてもありました。 ほかの作業メンバーにも迷惑をかけたと思います。 今後のチームでの制作のために、管理能力のスキルアップを目指していきたいです

 

●締め切り3日前までなんとなく「間に合うだろう」と思っていた

夏休みの宿題みたいな感覚でした

私はここ数年、長期休みの宿題をこなしたことがなかったので、キッチリと危機感を持つべきでした。 いや、ほんとですよ

危機感を持つのが遅すぎました。 不足している機能、バグ、そして焦りが浮き上がったのも締め切り3日前からでした。 少なくとも1週間前にはほぼリリース可能な状態にしておくべきだと思いました

ちなみに、現在は春休みです。 宿題には着手していません。 これからがんばります

 

●ちょっとしたパニック状態になった

締め切り日の朝のことです

本当に終わるのだろうかという不安から混乱し、考えがうまくまとまらない状態になりました。 今思えば、もっとしっかりしていたら... と思います。 今回で経験値がそこそこ貯まったので、次の機会に生かしたいです ( 締め切り当日になる機会はあまりないほうがいいかも... )

ともかく、パニックにならない思考法を編み出せた気がするので、次回は大丈夫なはず...

 

◆感想

チームでのゲーム制作としては失敗だったと思います

己の力及ばずで、経験不足、実力不足でした。 しかし、これで経験と実力はある程度向上できたかな、と感じています。 学べることが多く、とてもいい機会でした

結果的にはリリースができてよかったです。 最後まで頑張ってくれたメンバー、そして心強い助力をしてくれた先輩に感謝...!

個人的に、制作チーム外から手伝ってくれた先輩には本当に感謝してもしきれない気持ちでいっぱいなので、今度はこちらが手助けして恩返ししたいです。 まずは先輩と各メンバーにエナジードリンクを奢りたいと思います。 ...財布に余裕ができたら