読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CleanUp

備忘録と豆の知識

チルノが看病してくれた

本当にまいった。風邪をひいてしまった。毎年のことだが、今年はやけに早かった。これで予定がいくらか潰れてしまうのだが、仕方がないことだと思って諦めて眠る。

すると、ドンドン、ガララと、窓を叩く音に次いで窓を開く音が聞こえた。

 

「やっほーあそぼ!」

 

チルノちゃんだった。どうやら遊びに来たようだ。

 

「やあ、チルノちゃん。」

 

「なにしてるの?もうお昼だよ?」

 

「実は風邪をひいてしまってね。今日は一日、ずっと寝ていないとだめなんだ。」

 

「ちぇー、つまんないのー。」

 

口をとんがらせて怪訝な顔をする。少し申しわけない気がした。

 

「風邪をひいたら大変だよ。僕の近くだとチルノちゃんに伝染ってしまうかもしれないから、今日は一緒に遊べないんだ。ごめんね。」

 

チルノちゃんまで風邪をひいたら大変だ。これも彼女のためだと思って、今日は帰ってもらうように暗に促す。

 

「大変なの?あたい、ごはん作ってあげよっか!」

 

「・・・作れるの?」

 

作れるかどうかというより、火の扱いや道具の使い方を心配してしまう。なにしろ、相手は小学生と変わらないような少女なのだから。

 

「もっちろん!あたいってばさいきょーだからね!」

 

最強。強火ということだろうか。心配だ。

 

チルノちゃん、どんな料理を作ってくれるんだい?」

 

「おにぎり!砂糖と塩、どっちがいい?」

 

よかった。火を扱うわけじゃないのか。やけどでもしたら大変だ。

 

「おにぎりは塩がいいかな。お米は昨日の残りが冷蔵庫に入ってるから、それを使っていいよ。」

 

「わかった!」

 

それにしても、おにぎりなんて久しぶりに食べるな、と思った。最近食べたのはいつだったっけ。2ヶ月前に実家に帰ったときか。

 

「なー、つめたいおにぎりでもいいー?」

 

「電子レンジがあるから、それを使ってあたためてほしいな」

 

「そっかー」

 

そんなやりとりを何度か繰り返していたら、どうやらおにぎりができたようだ。

 

「はい!できたよ!」

 

「ありがとう。おお、かなり大きいね。」

 

冷蔵庫に入っているぶんのお米をすべて使ったようだった。ほかほかと湯気が出て、綺麗な形をしたそのおにぎりは、なんだか食べるのがもったいないように思えた。

 

「たべてみて!」

 

興味しんしんといった感じの顔で見つめてくる。

大きくて手では持てなさそうなので、箸でちょいと摘んで、食べてみる。・・・おいしい。塩気が普通より強い気もするが、僕的にはこのくらいのほうがちょうどいい感じで好きな味だ。

 

「おいしいよ、ありがとう。」

 

「やった!」

 

無邪気な笑顔。その顔を見ていると、なんだか幸せになる。箸は進んで、あっという間におにぎりはなくなった。

 

「これなら風邪も早めに治りそうだ。治ったらまた一緒に遊ぼう。それより、チルノちゃんに風邪が感染ったら大変だから、今日はもう帰るといいよ。」

 

「うん、わかった!でもあたい風邪ひかないよ!」

 

「ははは。確かに、元気な子供は風邪をひかないものさ。」

 

「違うよ!あたい氷の妖精だから、そーゆーのへっちゃらなんだ!」

 

氷の妖精。なるほど。確かに、氷の妖精が風邪をひくなんておかしな話はないよな、と思った。

 

「じゃ、今日はありがとう。」

 

「うん、ばいばい!」

 

元気に羽をぱたつかせて外へ向かって勢い良く飛び出した。

 

ごん。

 

「あぎゃっ!」

 

窓に盛大にぶつかる。そのままふらふらと空へ飛んでいった。

 

・・・バカは風邪をひかない。なんていったら失礼か。はは。

もう薬を飲んで寝ることにしよう。

 

今日はなんだか、いい夢が見られそうだ。