読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CleanUp

備忘録と豆の知識

チルノと昼寝をした

チルノ

いい天気だ。暇さえあれば外に駆り出して、心地いい太陽のしたで草原をベッドにずーっと寝てみたい、なんてことを考える。きっと、とても自由を満喫できると思う。

というわけで、今日は少し遠出をした。草原のある広い公園だ。電車に揺られ、降り立てば風靡く自然そのものだった。

 

「ふう、さて・・・と。」

 

荷物を横に置き、どしっと腰を下ろす。少し硬いような、ふかふかしているような、そんな感じの感触だった。まだ青い色をした風が僕の頬を撫でる。目を瞑れば、目の前に空が浮かぶようだ。

 

「なにしてるの?」

 

ぱち、と目を開ける。あたりを見渡してみると、青いスカート。チルノちゃんだった。

 

「やあ、奇遇だね。でもどうしてこんなところに?」

 

「しーらない。ぼーっと空飛んでたら風に流されてここまできちゃった。」

 

彼女らしいといえば彼女らしい。自由気ままな感じに憧れる。

 

「もうすぐ昼だね。うどんでも食べないかい?」

 

「うどん?食べる!あたい、冷やしうどんね!」

 

近くにあるうどん屋さんに足を運ぶ。僕はうどんげ定食、チルノちゃんは冷やしうどん。

 

「ごちそうさまでした。」

 

「ごちそーさま!」

 

また元の場所に戻ってきた。僕は寝転がり、うとうととして暖かな気分に身を任せる。

 

「寝るのかー?じゃああたいも寝る!」

 

そんな声が聞こえて、僕はゆっくりと眠りについた。

 

・・・

 

起きてみると、2時間も経っていた。隣でスースーと寝息が聞こえる。

 

チルノちゃん、そろそろ帰ろう。」

 

「んー、・・・。」

 

まだ少し眠いようで、仕方がないのでおんぶして帰った。電車の中でもすやすやと眠っていて、ホームへ降りるときにやっと目が覚めたようだった。

 

「なんかつかれたー。」

 

「眠り疲れたんだろうね。」

 

そんな会話をたまーにしながら、いつもの公園にやってきた。太陽はもう赤く染まり、カラスがかあかあと鳴いていた。

 

「じゃあ、チルノちゃん。またね。」

 

「ばいばーい。」

 

いつもより心地いい気分で過ごせた気がする。

こんな日常が、たまらなく好きだと思った。