読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CleanUp

備忘録と豆の知識

チルノとたい焼きを食べた

チルノ

「おーい、チルノちゃん。」

 

「!」

 

ビューンと笑顔で飛んでくる。相変わらず、彼女の顔を見ていると心が癒やされるようだ。

 

「これ、食べるかい?」

 

僕は手に持っていた紙袋を差し出す。中身はたい焼きだ。

 

「なにこれ?」

 

「たい焼きだよ。そこの店で買ったんだ。」

 

移動販売の車を指差す。たまたま見つけたから物珍しさに買ってみたのだった。

 

「これ、おいしいの?あたい、さかなはホネ多くて嫌いだなー。」

 

「これはお菓子だよ。ホネは入ってないけど、中にあまーいあんこが入ってるんだ。」

 

「あまいの?じゃあたべる!」

 

彼女は紙袋に手を入れ、がさごそと手先で吟味してたい焼きを選んだ。

 

「あーむっ!」

 

頬張る。しばし口をもぐもぐとさせる。

 

「おいしい!」

 

「だろう?」

 

僕もたい焼きを頬張る。うん、うまい。

 

「しっぽうまいなー!」

 

はむ、はむとおいしそうに食べる。

僕もそれを真似るようにひとくち。あんこの甘さがたまらなく、たい焼きのほんのりとした暖かさにマッチしていた。

 

「はー、おいしかった!ありがとう!」

 

「どういたしまして。」

 

そのまま羽をパタパタとさせて空へ飛んでいった。

 

少しして、空から雪が降る。

はむ、と尻尾を口に含む。

なんだか温もりのある、そんな甘さだった。