読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CleanUp

備忘録と豆の知識

チルノが遊びにきた

チルノ

久しく彼女と遊ぶことはなかったのだけれど、最近外で会うことが多くなって再び親しくなった。

 

彼女は相変わらず小さく、力強く、すぐにバテるけど復活も早い、そんな娘だ。無邪気なところが可愛らしくて、憎めなくて、どこか純粋な感じだ。

今日、いきなり僕の家に遊びにきたときは本当にびっくりした。「楽しくないしツマンナイ!」とのことで結構長い間、僕の家には来なかったのだけど。今日ははてさて何をしにきたのだろう。

 

「キラキラ!ダイヤモンドみたい!」

 

彼女が庭を指差す。クリスマスツリーだ。少し早めに外に出してみたはいいものの、なかなか雪は積もらないし、僕だけが見るツリーなんて、なんだか寂しげだった。

 

チルノちゃん、雪を降らせてくれないかい?」

 

「いいよ、あたいできるよ!」

 

パアッと、大きな雪の結晶が空へ舞い上がったかと思えば、白く光って雪が降り始めた。

 

「ありがとう。」

 

彼女は不思議な力を使える。彼女はいわゆる " 妖精 " というものらしい。

 

「居間にお菓子があるんだけど、食べていかないかい?」

 

「いいの?ありがと!」

 

ドタドタと木の床を揺らしながら、僕の家に駆け込んでいく。久しぶりに賑やかな僕の家。なんだか、心が暖かくなったような気がする・・・。

 

「ストーブあっついから消していい?」

 

・・・今度はカイロでも用意しておこうかな。

 

 

 ああ、指先が冷たいよ。