読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CleanUp

備忘録と豆の知識

チルノと遊園地に行った

久々の休日だ。なにをしようかと思案する前に街へ行く。すると、なにもしないだけの休日は避けることができるから、僕は決まって外へ出かける。

すると、見覚えのある後ろ姿が見えた。

 

「やあ、チルノちゃん。」

 

「あ!」

 

とたとたと駆けてくるかと思ったら、空を飛んで近づいてくる。背中の羽(?)をぱたぱたと振りながら。

 

「最近はよく会うね。今日はなにをしているんだい?」

 

「おもしろいこと探してたんだ!あたい、こう見えても忙しいのよねー。」

 

遊びをする暇があるってことはつまり暇なんじゃなかろうか・・・と思ったが、彼女くらいの年頃だと遊ぶことが仕事なのだろう。妖精に年齢があるのかはわからないが。

 

「遊びを探しているのなら、これから一緒に遊園地に行かないかい?友人からチケットをもらったんだけど、大人がひとりで遊園地に行くのはなんだか恥ずかしくてね。」

 

「え?ほんと!?いくいく!!!」

 

・・・というわけで、遊園地に来た。

 

「・・・期限切れ、ですね。」

 

「ええ?あ、本当だ。じゃあ今買います。大人1枚と子供1枚お願いします。」

 

ここでハプニング。チケットの期限が切れていた。考えてみればそりゃあそうだ。もらったのは3か月前なのだから。

チルノちゃんを誘っておいて「遊園地には入れませんでした」では申しわけがないからチケットを買ったのだけど、財布が少し寂しくなった気がする。・・・チケットは結構高かった。想定外だった。

 

「さあ、行こう。」

 

「うん!・・・あっ、あれやろ!あれ!」

 

・・・というわけで、チルノちゃんといろいろ巡った。ジェットコースターは「弾幕ごっこ」なる遊びに似ているらしく、楽しそうにしていた。僕は体力が尽きてヘトヘトになっていたけれど。

 

「はー、たのしかった!」

 

「疲れたあ。もう足が痛くって・・・。チルノちゃんはまだ元気そうだね。若さっていいなあ・・・。」

 

「ねむくなってきたー・・・」

 

「じゃあ今日はここでお別れにしよう。またね、チルノちゃん。」

 

「あ、まって!」

 

チルノちゃんに呼び止められて、なんだろうと思って振り返る。

頬に冷たい感触。彼女の指だった。

 

「へへー!ひっかかったー!」

 

逃げるように飛んでいく。

 

「じゃーねー!!!」

 

手を振って応える。相変わらず無邪気で忙しくて、優しい娘だな、と思った。